ソーシャルグッドな発信で、SDGsの考えを広めるメディア「WEELS」

環境とラグジュアリーの共生をめざして。関わる人たちの良いエネルギーをニット帽に乗せて届けたい |ニット帽子デザイナー 寺本恭子さん インタビュー

地球温暖化を英語で言うと?重要な英単語や英語表現、例文も紹介!

日本の地球温暖化への対策を知ろう!現状や取り組みを解説

人口500人の離島で目指す再生エネルギー起業。子ども向けの理科実験教室から高まる環境への意識

未利用のブドウを除菌ウェットティッシュに。アップサイクルで地元をPR

【リアル】都会から移住し田舎暮らし。移住先の選び方や暮らし、生活コストの話

都会から田舎へ移住した人たちの暮らしが、テレビやWebメディアなどで多く取り上げられるようになりました。しかし、移住先の決め方や生活費といったリアルな情報が少なく、田舎暮らしのイメージが湧かないという方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、実際に都会から田舎に移住した私Maiが、移住先をどのように選んだかや、暮らし、生活コストなどを実体験ベースでリアルに綴りたいと思います。田舎への移住を考え […]

農家が食品ロス解消のためにできること。現状や対策も紹介

私は農家です。生産したものはすべて消費してもらいたいと思っています。しかし、世界的には食べられずに捨てられる食材・食品「食品ロス」がもたらす環境や経済への負荷が問題になっているのが事実です。 生産したものは捨てることなく、できるだけ多く消費してもらいたい。どの生産者でも同じ想いがあるのではないでしょうか。 食品ロスを少しでもなくしていくためはどうすれば良いのか。現状や問題点をふまえながら、農家がで […]

【SDGs】地産地消とは?メリットやデメリット、個人でできることも

近年、地産地消という言葉がよく聞かれるようになりました。なんとなく意味はわかっていても、具体的にどのようなことなのかイメージしにくいという方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、地産地消について、メリット・デメリットや個人でできることを混じえて解説していきたいと思います! 地産地消とは 地産地消は1980年代に作られましたが、一般的に認知が広まったのは1990年代になってからでした。価格が安 […]

環境とラグジュアリーの共生をめざして。関わる人たちの良いエネルギーをニット帽に乗せて届けたい |ニット帽子デザイナー 寺本恭子さん インタビュー

環境問題への意識が高まる中で、少しずつ耳にするようになってきた「エシカル消費」という言葉。 ニット帽子デザイナーの寺本恭子さんは、業界内にエシカルの認識が無かった頃から製品の元となっている素材が持つ背景に向き合い、「エシカルなモノづくり」の模索・試行錯誤を続けています。 現在はカナダにお住いの寺本さん。今回のインタビューでは、ニット帽子デザイナーになった経緯、オリジナルブランドに込めた思いや開発で […]

地球温暖化を英語で言うと?重要な英単語や英語表現、例文も紹介!

日本だけでなく、国際的な問題としてたびたび取り上げられる地球温暖化問題。読者さんの中には、環境問題についての英語記事を読んだり、外国人と環境破壊について英語で話してみたいという方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、地球温暖化に関連する重要な英単語や英語表現をまとめて紹介します。例文も混じえているので、ぜひ参考にしてみてください! 地球温暖化は英語で「global warming」 「地球温 […]

日本の地球温暖化への対策を知ろう!現状や取り組みを解説

国際的な環境問題の1つである地球温暖化。現在、世界各国が二酸化炭素・温室効果ガスの排出量を削減すべく、あらゆる取り組みを行っています。 そこで今回は、私たちが暮らす日本の地球温暖化への対策について取り上げます。現状や取り組みなどを混じえて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。 気温変化から見た日本の地球温暖化の現状 日本の1年の平均気温は、世界と同じく変動しながら100年あたり1.19℃の […]

人口500人の離島で目指す再生エネルギー起業。子ども向けの理科実験教室から高まる環境への意識

地球温暖化による様々な影響が懸念される中、再生エネルギー分野での事業立ち上げを目指す人たちが目立ち始めています。 三重県鳥羽市の離島に移住し、地域おこし協力隊として活動している横尾総一朗さんもその一人。着任してからわずか1ヶ月で、地元の小学生を対象にした再生エネルギーに関する理科実験教室を行い、数々のメディアに取り上げられるなど注目を集めています。 今回はそんな横尾さんが移住したきっかけや、起業の […]

未利用のブドウを除菌ウェットティッシュに。アップサイクルで地元をPR

コロナウイルス流行により人的移動が減少し、苦しい状況が続く観光業。そんな中、各地方では様々なアイディアが生まれ、今できる最大限の取り組みの中で地域のPRを続けている人々がいます。 岡山県赤磐市の地域おこし協力隊として活動する戸田 洋美さんもその1人。動き回れない状況の中、地元産の未利用果物からつくる除菌ウェットティッシュで、地域のPR活動に力を入れています。 今回は、そんな戸田さんのプロジェクトに […]

人気記事ランキングTOP5 もっとも読まれている記事一覧

PAGE TOP